2028年ロサンゼルスオリンピックまでに実用化 UberがNASAと「空飛ぶタクシー」を共同開発 日本では?

衝撃的なニュースが入ってきましたね^^

夢にまでみたあの光景・・・バックトゥザヒューチャーの世界ですよねw

空飛ぶタクシー

UberはNASAと提携して「空飛ぶタクシー」の実験を2020年にロサンゼルスでやるそうです。

2028年のロサンゼルス・オリンピックまでには実用化を目指すということです。

 

 

おー車的な感じではなくヘリコプターというか小型飛行機をタクシーのようにするということでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

実験まであと3年ですか〜時代は確実に進んでいるのですね!

 

 

 

 

法律の整備や安全面の考慮、場所など様々な点についてこれから準備していかなければ

ならないでしょう。

それにしても数年後でそのような近未来的なものがみれるとはなんとも嬉しいことですね!

一方アラブ首長国連邦のドバイでは試運転にすでに成功しています。

さすがお金持ち!しかもドイツの会社が携わっているとのこと・・・

日本では・・・

とにかく法整備と環境整備が全くと言っていいほど整っておりませんので

しばらーくかかりそうですね・・・

 

 

今後も最新情報を要チェックですね^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください