ガッテン 便意があるのに出ない便秘 便秘診療ガイドラインとは?最強の便秘対策

今回のガッテンは過去にもやっていた、便意があるのにでない!

これは辛いですね・・・

便秘は是非とも改善して快適な生活を過ごしたいものです。絶対に見逃せませんね!

 

 



 

 

便意はあるのに出ない!?便秘の新タイプ解消SP

 

↓番組説明から引用

便秘に悩む人に朗報!去年、日本で初めて医師などによって発表された「便秘診療ガイドライン」。その中で注目されるのが新しいタイプの便秘「排便困難型」。患者の2~3割が該当すると言われ、食物繊維や適度な運動といったこれまでの対策がほとんど効かないというやっかいなもの。番組では専門の治療法とともに、家でできる「○○を数える」という簡単なリハビリやお勧めの排便姿勢をご紹介!さらに新しいタイプの薬の特徴も徹底解説します!

 

 

 

 

 

 

こちらは過去に放送された便秘対策です。

・ゴロゴロ寝て腸を動かす

・便秘の時はおかゆなど炭水化物をとる。食物繊維をとりすぎない。

・潰瘍性大腸炎の発見方法

大雑把ですがこのような内容でした。

 

 

 



 

便秘診療ガイドラインとは

 

株式会社南江堂HPより

日本消化器病学会関連研究会「慢性便秘の診断・治療研究会」編集によるガイドライン。便秘は有病率が高く、ありふれた症状の一つといえるが、その診断は客観的な評価が難しく、治療に対する患者の満足度も低い疾患である。一方、治療法として、生活習慣改善、下剤、漢方薬、外科治療のほか、近年新薬も登場し選択肢が広がりつつある。本ガイドラインは「第1章.定義・分類・診断基準」、「第2章.疫学」、「第3章.病態生理」、「第4章.診断」、「第5章.治療」で構成され、第5章ではCQ形式で臨床上の疑問を解説する。

 

 

第1章 定義・分類・診断基準
1.便秘の定義
2.慢性便秘(症)の分類
3.慢性便秘症の診断基準
第2章 疫学
1.有病率
2.発生のリスク
3.QOL
4.心理的異常
5.長期予後
第3章 病態生理
1.慢性便秘の病態生理学~小腸運動~
2.慢性便秘の病態生理学~大腸運動~
3.慢性便秘の病態生理学~直腸肛門運動(運動,知覚,反射)~
4.慢性便秘症を起こす基礎疾患
5.慢性便秘症への加齢による影響
6.慢性便秘症を起こす薬剤
7.アントラキノン誘導体と大腸(偽)メラノーシス・大腸運動異常
8.慢性便秘症と心理的異常の関係
第4章 診断
1.問診票
2.身体診察
3.通常検査
4.専門的機能検査
第5章 治療
前文
CQ5-01 慢性便秘症に生活習慣の改善は有効か?
CQ5-02 慢性便秘症にプロバイオティクスは有効か?
CQ5-03 慢性便秘症に膨張性下剤は有効か?
CQ5-04 慢性便秘症に浸透圧性下剤は有効か?
CQ5-05 慢性便秘症に刺激性下剤は有効か?
CQ5-06 慢性便秘症に上皮機能変容薬は有効か?
CQ5-07 慢性便秘症に消化管運動賦活薬は有効か?
CQ5-08 慢性便秘症に漢方薬は有効か?
CQ5-09 慢性便秘症に浣腸,坐剤,摘便,逆行性洗腸法は有効か?
CQ5-10 慢性便秘症にバイオフィードバック療法は有効か?
CQ5-11 慢性便秘症に精神・心理療法は有効か?
CQ5-12 慢性便秘症に順行性洗腸法(antegrade continence enema:ACE)は有効か?
CQ5-13 大腸通過遅延型便秘に大腸切除術は有効か?
CQ5-14 便排出障害に外科的治療は有効か?
索引

と、このような内容になっています。

医学的に便秘について述べられています。

こちらの内容が一部出てくるのでしょう。

非常に効果が期待できそうな番組内容となりそうですね!

 

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください