いまさらきけない仮想通貨初心者向け講座1 ビットコイン・ブロックチェーンとは

今回から初心者向けに記事を書いていきます。

仮想通貨の取引歴は3か月ほどですが、どんどん新規参入者が増えてきています。

そこで、その方々に私がこれまで学んできたことをお伝えしようと思います。

私自身超素人ですが、分かりやすく書きます。

そもそもビットコインって?

ビットコイン=インターネットで使えるお金

日本では仮想通貨、海外では暗号通貨と呼ばれています。

ビットコインはインターネットに次ぐ革命と言われており、

その所以としては

管理者がいないところにお金・財産を送ることを可能にしたことです。

これまではネットでお金を送るということはできませんでした。

現在のインターネットは中央集権型で管理されていて

もしそこがハッキングなど攻撃されるとおカネに関する情報が改ざんされる恐れがあります。

(中央が攻撃されると全体にダメージになる)

そのため、これまで直接お金のやり取りを個人ですることはできなかったのです。

 

ブロックチェーンと呼ばれる技術が価値を送ることを可能に

よく最近聞くと思います。

ブロックチェーン:管理者がいなくてもお金などをやり取りすることができる技術

 

なぜそれが可能なのかというと、

P2P 分散台帳というものを採用しているのです。

分散台帳 そのなの通り分散された台帳 これまでの様々なやり取り

お金の流れを全てを記録し公開するものです。

そのため、どこか一部がかけたとしても他の部分に同じものが存在しているため

補填ができるのです。

要はクラスのみんなが同じ教科書を持っていて誰かが無くしてしまっても

すぐに複写等して無くした人に与えることができる、そんなイメージでしょうか。

データが改ざんされたとしても、それがわかって改ざんされたデータを破壊(破棄)してくれるのです。

ブロックチェーンは指定された一定の動きをし続けるので自動でどんどん取引データを保管・ハッキングされたら

破棄という動きを取り続けてくれます。

(自立分散型組織:DAO といいます)

お金のやり取りが個人でできるようになるメリットって何?

と思った方、鋭いですね。

これまでは、銀行などを経由して支払いが行われていました。

そのことによって海外にお金を送る時は一定の手数料をかけて送ります。

人手もかかっておりますので、手数料と時間もそれなりにかかります。

しかし、ブロックチェーンの場合は管理者不在です。手数料が格段に抑えれます。

ほかにも海外に出稼ぎに行っていて家族に資金を送る際に

銀行を使ったのではいちいち高額な手数料が必要になります。

例えばビットコインで送金するとすぐに送れて手数料もやすくすみます。

こう考えるとすごい発明だと思いませんか。

さらに自国の通貨の価値が不安定な場合も活躍します。

ジンバブエドルがハイパーインフレを起こしたのはまだ記憶に新しいでしょうか?

その際にもビットコインを持っていれば自国の通貨よりも安定した資金を手に入れることができるのです。

(ビットコインも変動はします)

 

列挙してみましたが、これってまだまだ活用できる範囲って広いですよね。

現在の価格は1ビットコイン=70万円程度ですが

将来は1000万円程度の価値になると言っている方がいるくらい

見込まれています。(考え方によってはバブルは崩壊するという見方もあります)

 

ブロックチェーンは本当に改ざんできないのか

現時点ではできないことになっています。

これまでにも改ざんされたり、システムが止まったということは一度もありません。

・中央にサーバーがないこと

これは先ほど述べた通り、どこか一部が破壊されても修復可能

・一番長いチェーン(データ・取引の集まり)が正しいというルールがあること

改ざんされてチェーンが枝分かれしていたらそこは破棄される

・過去のデータをチェーン状に管理していること

 

これらによって改ざんができないとされています。

 

次回はビットコインのすごいところ・メリットについてまとめます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください